多雨地域の日本で大活躍!土嚢袋の必要性とは

多雨地域の日本で大活躍!土嚢袋の必要性とは

土嚢

日本で大活躍の土嚢

日本は多雨地域なので、世界平均の二倍の雨が降ります。また、山地が多く河川が急流になりやすいため、氾濫が起きやすい環境です。そういった環境の日本では、河川からの氾濫を防ぐことが出来る土嚢が、大きな役割を果たしてくれます。

誰でも準備が出来る

土嚢は、豪雨や台風が来ると分かってから準備をするため、雨に濡れながら準備をしていました。その為、従来の土嚢の準備はとても手間がかかり大変でしたが、最近では水に浸けるだけで膨れ上がる「給水性土嚢袋」があります。誰でも簡単に準備することができるという点が大きな特徴で、処理の仕方もとても簡単で人気があります。

助成金制度

土嚢などの防災グッズは、防災行動力向上が認められ、地方自治体から経費分の助成金をもらうことができます。しかし、助成金をもらうには、地域で結成されている自主防災組織に加入する必要があります。また、吸水性土嚢袋も助成金の対象となっているので、活用しましょう。

広告募集中